ハタナカ, マサカズ
畑中, 正一(1933-)

著者名典拠詳細を表示

著者の属性 個人
場所 大阪市
一般注記 著書:レトロウイルスと私(海鳴社, 1983)
著書「ウイルスは生物をどう変えたか」(講談社,1993.1)のカバーの記述よりPLACE追加。
医学博士、専門はウイルス学。京都大学ウイルス研究所所長。
塩野義医科学研究所所長
京都大学名誉教授
iPS細胞ができた! : ひろがる人類の夢 (集英社, 2008.5)のカバーの記述よりNOTE追加
生没年等 1933
から見よ参照 Hatanaka, Masakazu
コード類 典拠ID=1000021821  NCID=DA00717479
1 殺人ウイルスの謎に迫る! : 新型インフルエンザはどうして危険なのか?致死率80%以上の凶悪ウイルスとはなにか? / 畑中正一著 東京 : ソフトバンククリエイティブ , 2008.12
2 ウイルスとどうつきあうか : 闘いから共存への戦略 / 畑中正一著 東京 : 日本放送出版協会 , 1995.11
3 遺伝子とガン : 発ガン機構と治療への道 / ハロルド・ヴァーマス, ロバート A.ワインバーグ著 ; 畑中正一, 牧正敏訳 東京 : 日経サイエンス社. - 東京 : 日本経済新聞社 (発売) , 1994.4
4 ATLとAIDS / 畑中正一著 東京 : 南江堂 , 1994.1
5 ウイルスは生物をどう変えたか : 進化の演出者・ウイルスの世界を探る / 畑中正一著 東京 : 講談社 , 1993.1
6 現代ウイルス事情 : インフルエンザからエイズまで / 畑中正一著 東京 : 岩波書店 , 1992.4
7 ウイルスとガン / 畑中正一著 東京 : 岩波書店 , 1981.6