このページのリンク

<図書>
エイゾウ ノ レキシ テツガク
映像の歴史哲学 / 多木浩二 [著] ; 今福龍太編

データ種別 図書
出版者 東京 : みすず書房
出版年 2013.6

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 778.04||Ta71 2111124222

書誌詳細を非表示

出版年 2013.6
大きさ 213p : 挿図 ; 20cm
一般注記 札幌大学夏期集中講義「映像文化論」 (2003.8, 2004.7) の内容をもとにしたもの
本文言語 日本語
著者標目  多木, 浩二(1928-2011) <タキ, コウジ>
 今福, 龍太(1955-) <イマフク, リュウタ>
分 類 NDC9:778.04
件 名 BSH:映像
BSH:歴史哲学
ISBN 9784622077541
NCID BB12955238
書誌ID B000777791
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
本当に主題になるのは「歴史」のなかには登場することのない歴史である。映画『オリンピア』から『プロヴォーク』の時代、ベンヤミンへ。思想の本質を問う映像文化論講義。

[目次]
第1章 ルプレザンタシオン―世界を探究する
第2章 反‐オーソリティー―あらゆる他者と出会う
第3章 ヒストリカル・フィールド―私たちが知を形成する以前
第4章 未来派―二〇世紀を考える
第5章 オリンピア―すべてが映像になるために作られた神話
第6章 クンスト―日常の技芸を守る

 類似資料