このページのリンク

<図書>
テロリスト ワールド
テロリスト・ワールド / 真鍋厚著

データ種別 図書
出版者 東京 : 現代書館
出版年 2016.2

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 316.4||Ma43 2111132214

書誌詳細を非表示

出版年 2016.2
大きさ 342p ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:テロリストワールド
一般注記 参考文献: p338-340
本文言語 日本語
著者標目  真鍋, 厚 <マナベ, アツシ>
分 類 NDC8:316.4
NDC9:316.4
件 名 BSH:テロリズム
ISBN 9784768457825
NCID BB20771128
書誌ID B000832090
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
なぜ、それは“テロ”と呼ばれるのか?ガンディーもマンデラもかつては“テロリスト”と呼ばれた。「テロ」という言葉はわれわれをどこへ導くのか?多様化し混迷する正義の行方を、評論・映画・小説・マンガを網羅しながら読み解く“暴力のリテラシー論”。

[目次]
プロローグ ガンディーもゲバラもマンデラも皆テロリストだった
第1章 テロリストとは誰か
第2章 国家テロvs.自由の戦士
第3章 正しいテロリストは存在するか
第4章 「対テロ戦争」というテロ
第5章 誰がテロを支援しているのか
第6章 テロリズムから日本を読み解く
第7章 自爆攻撃とカミカゼの狭間で
第8章 メディアとテロが手を結ぶとき
終章 「死にがい」としてのテロリズム
“彼ら”ではなく“われわれ”の問題だ―エピローグに代えて

 類似資料