このページのリンク

<図書>
セイヒン アーキテクチャ ト ジンザイ マネジメント : チュウゴク・カンコク トノ ヒカク カラ ミタ ニホン
製品アーキテクチャと人材マネジメント : 中国・韓国との比較からみた日本 / 都留康著
(一橋大学経済研究叢書 ; 65)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2018.2

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 336.17||Ts84 2111139012

書誌詳細を非表示

出版年 2018.2
大きさ xi, 208p : 挿図 ; 21cm
別書名 異なりアクセスタイトル:製品アーキテクチャと人材マネジメント : 中国韓国との比較からみた日本
一般注記 参考文献: p193-202
本文言語 日本語
著者標目  都留, 康(1954-) <ツル, ツヨシ>
分 類 NDC8:335.22
NDC9:335.22
NDC9:336.17
件 名 BSH:企業 -- アジア(東部)  全ての件名で検索
BSH:製品計画
BSH:人事管理
NDLSH:製品開発 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:製品開発 -- 中国  全ての件名で検索
NDLSH:製品開発 -- 大韓民国  全ての件名で検索
ISBN 9784000099264
NCID BB25637814
書誌ID B000885768
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
中国・韓国企業とのグローバル競争の中で、日本企業がこれほど苦戦しているのはいったいなぜか。三か国企業の製品開発の実際、製品開発過程における知識創造・移転を担うエンジニアの人材マネジメントとエンジニア個人の行動やコミュニケーションのあり方が生産性に及ぼす影響などを、詳細に国際比較することで、日本企業再生のために何がなされるべきかを問う。

[目次]
序章 製品アーキテクチャと人材マネジメントをなぜ問題にするか
第1章 製品アーキテクチャと企業内コーディネーション―理論と実証
第2章 製品アーキテクチャと人材マネジメント―企業レベルでの日中韓比較
第3章 製品開発プロセスにおける問題発生と解決行動―エンジニア個人レベルでの日中韓比較
第4章 製品開発におけるアイデア創出、コンセプト策定、および人材マネジメント―企業レベルでの日中韓比較
第5章 製品開発における上流工程管理と人材マネジメント―開発成果に対する効果の検証
第6章 企業内コミュニケーション・ネットワークが生産性に及ぼす効果―ウェアラブルセンサを用いた定量的評価
終章 日本は、日本企業はどうすべきなのか

 類似資料