このページのリンク

<図書>
オサケ ノ ケイザイガク : ニホンシュ ノ グローバルカ カラ サワー ノ ヤクシン マデ
お酒の経済学 : 日本酒のグローバル化からサワーの躍進まで / 都留康著
(中公新書 ; 2599)

データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2020.7

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) C||2599 2211107943


あだち_国際学部12
2211110336


あだち_国際学部21
2211110508

書誌詳細を非表示

出版年 2020.7
大きさ v, 198p : 挿図 ; 18cm
一般注記 参考文献: p193-198
本文言語 日本語
著者標目  *都留, 康(1954-) <ツル, ツヨシ>
分 類 NDC8:588.5
NDC9:588.5
NDC10:588.5
件 名 BSH:
BSH:醸造業
NDLSH:
NDLSH:醸造業
ISBN 9784121025999
NCID BB31535488
書誌ID B000927276
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
日本のお酒をめぐる環境が激変している。日本酒からビール、焼酎と主役が交代しつつ消費は伸びてきたが、1990年代半ばにピークを迎えた。その後はデフレ下で「第3のビール」やサワーが躍進する一方、クラフトビールや純米大吟醸酒も人気を集める。さらに、日本酒やウイスキーは海外から高く評価され、輸出が急増している。日本のお酒が抱える課題と可能性とは。経済学と経営学の最新の研究成果から解き明かす。

[目次]
第1章 日本のお酒の現在
第2章 日本酒―伝統と革新
第3章 ビール―「新ジャンル」と「クラフト」との狭間で
第4章 ウイスキー―国内外人気の光と影
第5章 焼酎―三度のブームと停滞する現状
第6章 グローバル化―現状と課題
終章 日本のお酒はこれからどうなるか

 類似資料