このページのリンク

<図書>
シ ノ リンショウガク : チョウコウレイ シャカイ ニ オケル セイ ト シ
「死」の臨床学 : 超高齢社会における「生と死」 / 村上陽一郎著

データ種別 図書
出版者 東京 : 新曜社
出版年 2018.3

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 490.15||Mu43 1000577264

書誌詳細を非表示

出版年 2018.3
大きさ 228p : 肖像 ; 19cm
別書名 異なりアクセスタイトル:「死」の臨床学超高齢社会における「生と死」
異なりアクセスタイトル:死の臨床学 : 超高齢社会における生と死
一般注記 索引あり
本文言語 日本語
著者標目  村上, 陽一郎(1936-) <ムラカミ, ヨウイチロウ>
分 類 NDC8:490.15
NDC9:490.15
件 名 BSH:生と死
NDLSH:生命倫理
ISBN 9784788515611
NCID BB2589964X
書誌ID B000876776
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
近代社会が遠ざけ不可視化してきた問題が、超高齢社会を迎え、いまや喫緊の課題として浮上している。この「死」というタブーに、科学論・安全学の泰斗が正面から挑む。安楽死(尊厳死)、緩和医療、終末期鎮静、臓器移植、介護などの問題を根底から問い直し、日本の医療をいかに護るか、にまで貴重な提言をする。いま最も読まれるべき書。

[目次]
序章 日本の医療―純個人的な体験記
第1章 戦後の医療変革―患者側からの瞥見
第2章 日本の医療―国際比較のなかで
第3章 老いと死の諸相
第4章 死の援助
第5章 終末期鎮静
第6章 生きるに値する命
終章 ささやかな、ささやかな提案

 類似資料