このページのリンク

<図書>
オウヨウ コウドウ ブンセキ カラ タイジン エンジョガク エ : ソノ キセキ オ メグッテ
応用行動分析から対人援助学へ : その軌跡をめぐって / 望月昭, 武藤崇編著

データ種別 図書
出版者 京都 : 晃洋書房
出版年 2016.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 369.16||Mo12 1000554820

書誌詳細を非表示

出版年 2016.2
大きさ iv, 173p ; 26cm
本文言語 日本語
著者標目  望月, 昭(1950-) <モチズキ, アキラ>
 武藤, 崇 <ムトウ, タカシ>
分 類 NDC8:369.1
NDC9:369.16
件 名 BSH:ケース・ワーク
BSH:行動心理学
ISBN 9784771027077
NCID BB20817998
書誌ID B000829250
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
君はなぜ行動分析学を選ぶのか。行動分析学の黎明期から対人援助学への変遷を「望月昭」の重要論文と対談による執筆秘話で綴る。ラジカルな研究への情熱が読者を挑発的に刺激する。

[目次]
観察学習と般化模倣―社会的学習への行動分析的アプローチ
障害児(者)教育における行動分析的方法の意味
聾精神遅滞者における要求言語行動の実現―施設職員によるプロンプト付き時間遅延操作の検討
「あの人はどんな気持ち?」:聾精神遅滞後のサインおよび書字による感情表現語の獲得
福祉実践の方法論としての行動分析学―社会福祉と心理学の新しい関係
行動的QOL:「行動的健康」へのプロアクティブな援助
「障害」と行動分析学:「医学モデル」でも「社会モデル」でもなく

 類似資料