このページのリンク

<図書>
カイゴ ホケン ガ アブナイ
介護保険が危ない! / 上野千鶴子, 樋口恵子編
(岩波ブックレット ; No. 1024)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2020.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 081||I95||1024 1000599012


東京あだち図書館(2F一般書架) 081||I95||1024 2211106500

書誌詳細を非表示

出版年 2020.4
大きさ 83, 4p : 挿図 ; 22cm
一般注記 介護保険略年表: 巻末p1-2
本文言語 日本語
著者標目  上野, 千鶴子(1948-) <ウエノ, チズコ>
 樋口, 恵子(1932-) <ヒグチ, ケイコ>
ISBN 9784002710242
NCID BB30136760
書誌ID B000920014
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
2020年4月、介護保険制度は開始20年を迎える。しかし、その歩みは切り下げの連続だった。利用者負担が引き上げられる一方で、介護報酬は低く抑制され、財源不足を理由にさらなる改変が検討されている。このままでは、制度はあっても介護サービスを受けられなくなるかもしれない。介護保険のこれ以上の後退を許さず、誰にとっても使いやすいものにするために、ケアの専門家たちが訴える。

[目次]
第1部 介護保険が危ない!(「介護の社会化」はどこへ行ったのか
「机上の介護」に怒りを!
大切なのは生活へのサポート
要介護1・2は軽度ではない
これ以上利用者負担を増やしてはいけない
訪問介護の人材難は制度改定が原因である
国にないのはお金ではなく理念
消費税増税分はどこへ?
居場所と味方と誇り
若者たち、外国人たちのためにも、介護保険の後退は許されない
介護保険は国民の生活を守る大切な財産
人々の幸せのためにお金を使ってほしい
生活援助が介護の基本
いま訴えたいこと
介護保険を萎縮させてはいけない
若者も男性も怒っている!
介護保険なしでは暮らしていけない
家族にとっての介護保険
介護保険をもっと使いやすく、シンプルなものに
誰もが安心して暮らせる社会を
介護保険を立て直すために)
第2部 介護保険 翻弄され続けた二〇年