このページのリンク

<図書>
リーダー オ トオシテ ミル センソウ エノ ミチ
リーダーを通して見る戦争への道 / 筒井清忠編
(ちくま新書 ; 1266 . 昭和史講義 ; 3)

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2017.7

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 CHS||1266 2211095411

書誌詳細を非表示

出版年 2017.7
大きさ 302p : 挿図, 肖像 ; 18cm
別書名 背表紙タイトル:昭和史講義
内容注記 加藤高明 : 二大政党政治の扉 / 奈良岡聰智 [執筆]
若槻礼次郎 : 世論を説得しようとした政治家の悲劇 / 今津敏晃 [執筆]
田中義一 : 政党内閣期の軍人宰相 / 小山俊樹 [執筆]
幣原喜重郎 : 戦前期日本の国際協調外交の象徴 / 西田敏宏 [執筆]
浜口雄幸 : 調整型指導者と立憲民政党 / 井上敬介 [執筆]
犬養毅 : 野党指導者の奇遇 / 五百旗頭薫 [執筆]
岡田啓介 : 「国を思う狸」の功罪 / 村井良太 [執筆]
広田弘毅 : 「協和外交」の破綻から日中戦争へ / 渡邉公太 [執筆]
宇垣一成 : 「大正デモクラシー」が生んだ軍人 / 高杉洋平 [執筆]
近衛文麿 : アメリカという「幻」に賭けた政治家 / 庄司潤一郎 [執筆]
米内光政 : 天皇の絶対的な信頼を得た海軍軍人 / 畑野勇 [執筆]
松岡洋右 : ポピュリストの誤算 / 森山優 [執筆]
東条英機 : ヴィジョンなき戦争指導者 / 戸部良一 [執筆]
鈴木貫太郎 : 選択としての「聖断」 / 波多野澄雄 [執筆]
重光葵 : 対中外交の可能性とその限界 / 武田知己 [執筆]
一般注記 まえがき(筒井清忠)
さらに詳しく知るための参考文献: 各講末
執筆者: 筒井清忠, 奈良岡聰智, 今津敏晃, 小山俊樹, 西田敏宏, 井上敬介, 五百旗頭薫, 村井良太, 渡邉公太, 高杉洋平, 庄司潤一郎, 畑野勇, 森山優, 戸部良一, 波多野澄雄, 武田知己
本文言語 日本語
著者標目  筒井, 清忠(1948-) <ツツイ, キヨタダ>
 奈良岡, 聰智(1975-) <ナラオカ, ソウチ>
 今津, 敏晃(1974-) <イマズ, トシアキ>
 小山, 俊樹(1976-) <コヤマ, トシキ>
 西田, 敏宏(1975-) <ニシダ, トシヒロ>
 井上, 敬介(1978-) <イノウエ, ケイスケ>
 五百旗頭, 薫(1974-) <イオキベ, カオル>
 村井, 良太(1972-) <ムライ, リョウタ>
 渡邉, 公太(1984-) <ワタナベ, コウタ>
 高杉, 洋平(1979-) <タカスギ, ヨウヘイ>
 庄司, 潤一郎(1958-) <ショウジ, ジュンイチロウ>
 畑野, 勇(1971-) <ハタノ, イサム>
 森山, 優(1962-) <モリヤマ, アツシ>
 戸部, 良一(1948-) <トベ, リョウイチ>
 波多野, 澄雄(1947-) <ハタノ, スミオ>
 武田, 知己(1970-) <タケダ, トモキ>
分 類 NDC8:210.7
NDC9:210.7
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 昭和前期  全ての件名で検索
ISBN 9784480069771
NCID BB2395949X
書誌ID B000855793
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
なぜ昭和の日本は戦争へと向かい、あのような結末を迎えたのか。政治家、軍人らキーパーソン一五名―加藤高明、若槻礼次郎、田中義一、幣原喜重郎、浜口雄幸、犬養毅、岡田啓介、広田弘毅、宇垣一成、近衛文麿、米内光政、松岡洋右、東条英機、鈴木貫太郎、重光葵―のリーダーシップを分析。生い立ちから要職に就くまでの経歴、要職での業績と、岐路における行動、下した決断の結果について、最新研究に基づいて客観的に描き出し、その功罪を問いなおす。好評シリーズ第3弾。

[目次]
加藤高明―二大政党政治の扉
若槻礼次郎―世論を説得しようとした政治家の悲劇
田中義一―政党内閣期の軍人宰相
幣原喜重郎―戦前期日本の国際協調外交の象徴
浜口雄幸―調整型指導者と立憲民政党
犬養毅―野党指導者の奇遇
岡田啓介―「国を思う狸」の功罪
広田弘毅―「協和外交」の破綻から日中戦争へ
宇垣一成―「大正デモクラシー」が生んだ軍人
近衛文麿―アメリカという「幻」に賭けた政治家
米内光政―天皇の絶対的な信頼を得た海軍軍人
松岡洋右―ポピュリストの誤算
東条英機―ヴィジョンなき戦争指導者
鈴木貫太郎―選択としての「聖断」
重光葵―対中外交の可能性とその限界

 類似資料