このページのリンク

<図書>
ギャグ マンガ ノ ヒミツ ナノダ
ギャグ・マンガのヒミツなのだ! / 赤塚不二夫著
(河出文庫 ; [あ29-1])

データ種別 図書
出版者 東京 : 河出書房新社
出版年 2018.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2Fブラウジング) も7 1000580168  


越谷図書館(2F文庫) 726.1||A33||文庫 1000576789


東京あだち図書館(2F一般書架) 726.1||A33 3000013726

書誌詳細を非表示

出版年 2018.1
大きさ 233p : 挿図 ; 15cm
別書名 原タイトル:ラディカル・ギャグ・セッション : 挑発する笑いの構造
異なりアクセスタイトル:ギャグマンガのヒミツなのだ
一般注記 「ラディカル・ギャグ・セッション : 挑発する笑いの構造」(1988年刊)の改題, 増補・再編集, 修正
増補・再編集の監修: フジオ・プロダクション
シリーズ番号はジャケットによる
本文言語 日本語
著者標目  赤塚, 不二夫(1935-2008) <アカツカ, フジオ>
 フジオ・プロダクション <フジオ プロダクション>
分 類 NDC9:726.1
件 名 NDLSH:漫画
ISBN 9784309415888
NCID BB25218298
書誌ID B000875663
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ギャグは破壊と挑発なのだ!『おそ松くん』『天才バカボン』『もーれつア太郎』…日本マンガ史に輝く名作を生み出したギャグ・マンガの王様が、自身の笑いへの挑戦を語り尽くす。名キャラクターたちの誕生秘話、ナンセンスな言葉遊びの源泉、過激な社会風刺など、赤塚ギャグの真髄がわかる唯一のエッセイ集。

[目次]
1 悲しい少女マンガからギャグへの大変身
2 家庭ギャグとしての『おそ松くん』
3 バカボンは革命的ナンセンスなのだ
4 笑いは時代に挑戦する
5 ギャグ・マンガの方法論
赤塚漫画スター名鑑
あとがき対談 赤塚不二夫×長谷邦夫

 類似資料