このページのリンク

<図書>
「イアンフ」モンダイ オ/カラ カンガエル : グンジ セイボウリョク ト ニチジョウ セカイ
「慰安婦」問題を/から考える : 軍事性暴力と日常世界 / 歴史学研究会, 日本史研究会編

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2014.12

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(2F一般書架) 210.7||R25 2111128810


越谷_外語科08 210.7||R25 1000540179

書誌詳細を非表示

出版年 2014.12
大きさ xx, 257p : 挿図 ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:慰安婦問題をから考える : 軍事性暴力と日常世界
一般注記 参考文献あり
本文言語 日本語
著者標目  歴史学研究会 <レキシガク ケンキュウカイ>
 日本史研究会 <ニホンシ ケンキュウカイ>
分 類 NDC8:210.7
NDC9:210.7
NDC9:369.37
件 名 BSH:慰安婦
NDLSH:慰安婦
ISBN 9784000610056
NCID BB17525848
書誌ID B000550178
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
一九九一年の金学順さんのカミングアウトから二十余年、「慰安婦」の存在を否定し問題の矮小化をはかる動きが再び猖獗を極めている。強制性の有無をめぐる恣意的な議論に対し様々な角度から論駁するとともに、「慰安婦」制度が戦時下の極限状況ではなく、日本や植民地における日常世界の中でつくり出されたものであることを歴史的に検証する。

[目次]
第1編 軍事性暴力から日常世界へ/日常世界から軍事性暴力へ(軍事性暴力から日常世界へ
日常世界から軍事性暴力へ)
第2編 現代社会、歴史学、歴史教育―いまに続く植民地主義(「失われた二〇年」の「慰安婦」論争―終わらない植民地主義
一九九〇年代からの歴史教育論争―学校教育は「慰安婦」問題にいかに向き合ってきたか
沖縄で教える、考える「慰安婦」問題)
座談会 「慰安婦」問題が問いかけるもの

 類似資料