このページのリンク

<図書>
テイコク シュギ ト カクチ ノ テイコウ
帝国主義と各地の抵抗 / 歴史学研究会編
(世界史史料 / 歴史学研究会編 ; 8-9)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2008.6-2009.10

所蔵情報を非表示

1
湘南図書館(2F一般書架) 209||R25||8 2111111226
2
湘南図書館(2F一般書架) 209||R25||9 2111105762
1
越谷_社会研05 共同研究||||H27 1000548516
2
越谷_社会研05 共同研究||||H27 1000548517

書誌詳細を非表示

出版年 2008.6-2009.10
大きさ 2冊 ; 22cm
一般注記 1: 南アジア・中東・アフリカ. 2: 東アジア・内陸アジア・東南アジア・オセアニア
本文言語 日本語
著者標目  歴史学研究会 <レキシガク ケンキュウカイ>
分 類 NDC9:209
件 名 BSH:世界史 -- 史料  全ての件名で検索
NDLSH:アジア -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:オセアニア -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:世界史 -- 近代  全ての件名で検索
NDLSH:帝国主義
ISBN 9784000263863
NCID BA86313069
書誌ID B000566665
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
一八世紀後半から二〇世紀初頭、労働力や交易品を求め、ヨーロッパ諸国は競って南アジア、中東、アフリカに侵出。従属を強いられた地域では抵抗運動が起きると同時に、社会改革・近代化の動きも見られた。植民地支配の進行と各地の動揺を、勅令や条約、陳情書、議会演説、法廷文書、新聞の論説、商人や探検家の記録など、多様な史料でたどる。

[目次]
第1章 南アジア(インドにおける東インド会社の活動
ヨーロッパ文化との接触
インド大反乱とイギリスの対応
イギリス支配下でのインド宗教・社会改革運動
インド民族主義の発揚
インド・ムスリムとイギリス支配
スリランカ(セイロン)政治・社会・経済)
第2章 中東(オスマン帝国中心部(アナトリア、バルカン)
アラブ地域
イランとアフガニスタン)
第3章 アフリカ(植民地化前夜のアフリカ
帝国主義下の支配と抵抗)

 類似資料