このページのリンク

<図書>
アジア サンゴクシ : チュウゴク インド ニホン ノ ダイセンリャク
アジア三国志 : 中国・インド・日本の大戦略 / ビル・エモット著 ; 伏見威蕃訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本経済新聞出版社
出版年 2008.6

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 304||E53 2111106188

書誌詳細を非表示

出版年 2008.6
大きさ 401p ; 20cm
別書名 原タイトル:Rivals : how the power struggle between China, India and Japan will shape our next decade
異なりアクセスタイトル:アジア三国志 : 中国インド日本の大戦略
一般注記 参考文献: p381-386
本文言語 日本語
著者標目  Emmott, Bill, 1956-
 伏見, 威蕃(1951-) <フシミ, イワン>
分 類 NDC8:302.2
NDC9:302.2
件 名 BSH:中国
BSH:インド
BSH:日本
ISBN 9784532353131
NCID BA86188808
書誌ID B000742455
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
21世紀の主導権と巨大な権益を巡り、三つどもえの争いを繰り広げるアジア3大国―中国、インド、日本。かつて一度も、アジアで強国が3カ国も共存したことはない。この混迷の時代を、世界とアジアはどう乗り切るべきか?3大国の均衡状態が崩れるとき、グローバル経済と国際政治に何が起きるのか?アメリカに対抗しうる大国の地位を、アジアの一国が手に入れるとき、世界はどう揺れ動くのか?国家戦略を現地取材から描き出し、21世紀アジアの巨大な可能性と、その裏に潜むリスクを解説。大ベストセラー『日はまた昇る』の著者が満を持して放つ最新作。

[目次]
第1章 アジアの新パワー・ゲーム
第2章 アジア創造
第3章 中国―世界の中心の国、問題の中心
第4章 日本―パワフル、脆弱、老齢化
第5章 インド―数が多く、ごたまぜで、勢いに乗っている
第6章 環境問題―中国・インドの成長の壁
第7章 横たわる歴史問題
第8章 発火点と危険地帯
第9章 アジアのドラマ

 類似資料