このページのリンク

<図書>
サイチョウ ト クウカイ : ニホン ブッキョウ シソウ ノ タンジョウ
最澄と空海 : 日本仏教思想の誕生 / 立川武蔵 [著]
(角川文庫 ; 19776)

データ種別 図書
出版者 東京 : KADOKAWA
出版年 2016.5

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 188.42||Ta14||文庫 1000555640


越谷_人間科学部31
1000556819

書誌詳細を非表示

出版年 2016.5
大きさ 302p ; 15cm
別書名 異なりアクセスタイトル:角川ソフィア文庫
一般注記 ブック・ジャケットに「角川ソフィア文庫」の表示あり
本文言語 日本語
著者標目  立川, 武蔵(1942-) <タチカワ, ムサシ>
分 類 NDLC:HM135
NDLC:HM145
NDC9:188.42
件 名 NDLSH:最澄(767-822)
NDLSH:空海(774-835)
ISBN 9784044000820
NCID BB21644545
書誌ID B000830844
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
守旧派と対決し新たな仏教の礎を築いた最澄と、即身成仏という力強い思考から密教の世界観を樹立した空海―。ともに遣唐使として学び、後にライバルとなる二人の巨人は、アニミズムや山岳信仰の豊穣を取り込んだ「日本型仏教」をいかに生み出したのか。この世界に聖なる価値を認め、山川草木もまた成仏するという、インドや中国にもない独自の思想と自然観。鎌倉仏教や禅宗にも受け継がれゆくその核心を両者の生涯に探る。

[目次]
1 仏教の源流(源流としてのインド仏教
中国―仏教のメタモルフォーゼ)
2 最澄―はじまりの人(日本仏教の転換
天台実相論
一念三千の哲学
最澄と天台の世界観)
3 空海―世界の聖化(密教の導入者
密教行者としての空海―虚空蔵求聞持法
空海のマンダラ理論
空海と密教の世界観)

 類似資料