このページのリンク

<図書>
ザンネン ナ 「 オス 」 トイウ イキモノ
残念な「オス」という生き物 / 藤田紘一郎著
(Forest 2545 shinsyo ; 131)

データ種別 図書
出版者 東京 : フォレスト出版
出版年 2018.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2Fブラウジング) も4 1000584807

書誌詳細を非表示

出版年 2018.10
大きさ 214p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:残念なオスという生き物
一般注記 「女はバカ、男はもっとバカ」(三五館 2015年刊)の改題、加筆および再編集
参考文献: 章末
本文言語 日本語
著者標目  藤田, 紘一郎(1939-) <フジタ, コウイチロウ>
分 類 NDLC:SA21
NDC10:469
件 名 NDLSH:人類
NDLSH:動物行動学
ISBN 9784894519961
NCID BB27388299
書誌ID B000898195
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
生物界のオスが教えてくれるわれわれ人類の深遠な真実とは?面白すぎて夜も眠れないオトコの進化と絶滅史。

[目次]
第1章 生物界は「残念なオス」だらけ!?(男女の役割が激変する日本の社会
なぜ、男は自殺率が高いのか? ほか)
第2章 人類が選択した「一夫一妻制」の臨界点(「一夫一妻制」が人間を生んだ?
人類はなぜ一夫一妻の道を選んだのか? ほか)
第3章 オス不要論(「清潔志向」が生物をメス化させる
精子減少の謎を解く ほか)
第4章 残念すぎる「人類」という生物―オスもメスもみーんな仲良く絶滅する説(同一規格化された家畜はまっさきに絶滅する
こうしてサナダムシは絶滅した ほか)
第5章 人類の絶滅を回避する意外な方法(チンパンジーとヒトの遺伝子は99%同じ
人間より優れているチンパンジーの記憶能力 ほか)

 類似資料