このページのリンク

<図書>
コロナゴ ノ セカイ : イマ コノ チテン カラ カンガエル
コロナ後の世界 : いま、この地点から考える / 筑摩書房編集部編 ; 小野昌弘 [ほか著]

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2020.9

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2Fブラウジング) も3 1000606010

書誌詳細を非表示

出版年 2020.9
大きさ 326p ; 19cm
別書名 異なりアクセスタイトル:コロナ後の世界 : いまこの地点から考える
内容注記 免疫からみえるコロナの行く末 / 小野昌弘著
2020年のパンデミックと「倫理のコア」 / 宮台真司著
コロナ・ピューリタニズムの懸念 / 斎藤環著
コロナショックドクトリンがもたらす円高帝国 / 松尾匡著
一汁一菜のコスモロジー / 中島岳志著
コロナ危機、民主主義、そして世界的連帯 / 宇野重規著
Covid-19のパンデミーと食肉の問題 / 鈴木晃仁著
「ポスト・コロナ・エイジ」を考えるためのエクササイズ / 神里達博著
公衆衛生と医療 / 小泉義之著
〈不可知性〉の社会 / 柴田悠著
パンデミック・デモクラシー / 中島隆博著
もうひとつの別の経済へ / 大澤真幸著
一般注記 その他の著者: 宮台真司, 斎藤環, 松尾匡, 中島岳志, 宇野重規, 鈴木晃仁, 神里達博, 小泉義之, 柴田悠, 中島隆博, 大沢真幸
本文言語 日本語
著者標目  筑摩書房編集部 <チクマ ショボウ ヘンシュウブ>
 小野, 昌弘(1975-) <オノ, マサヒロ>
 宮台, 真司(1959-) <ミヤダイ, シンジ>
 斎藤, 環(1961-) <サイトウ, タマキ>
 松尾, 匡(1964-) <マツオ, タダス>
 中島, 岳志(1975-) <ナカジマ, タケシ>
 宇野, 重規(1967-) <ウノ, シゲキ>
 鈴木, 晃仁(1963-) <スズキ, アキヒト>
 神里, 達博(1967-) <カミサト, タツヒロ>
 小泉, 義之(1954-) <コイズミ, ヨシユキ>
 柴田, 悠 <シバタ, ハルカ>
 中島, 隆博 <ナカジマ, タカヒロ>
 大沢, 真幸(1958-) <オオサワ, マサチ>
分 類 NDC8:304
NDC9:304
NDC10:304
NDLC:EB98
件 名 BSH:新型コロナウイルス感染症
ISBN 9784480864741
NCID BC02321783
書誌ID B000934709
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
免疫学、精神医学、社会学、哲学・現代思想、経済学、医学史、政治学、科学史など、第一線で活躍する12人の知性による、圧倒的熱量の論集!世界を襲ったCOVID‐19。深刻かつ多方面にわたるその影響。危機の正体と、到来する未来を、多角的に検証。

[目次]
1 ニッポン社会のクライシス(免疫からみえるコロナの行く末
2020年のパンデミックと「倫理のコア」―「日本モデル」が示す人と組織の劣化
コロナ・ピューリタニズムの懸念)
2 コロナ時代の新・課題(コロナショックドクトリンがもたらす円高帝国
一汁一菜のコスモロジー―土井善晴論
コロナ危機、民主主義、そして世界的連帯)
3 「その先」を深く考える(Covid‐19のパンデミーと食肉の問題
「ポスト・コロナ・エイジ」を考えるためのエクササイズ
公衆衛生と医療―集団の救済と病人の救済)
4 コロナ後の世界(“不可知性”の社会―“不可知性”に統治される未来をどう生きるか
パンデミック・デモクラシー
もうひとつの別の経済へ)

 類似資料