このページのリンク

<図書>
ガン デモ、ナゼカ ナガイキ スル ヒト ノ「ココロ」ノ キョウツウテン
がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点 / 保坂隆著

データ種別 図書
出版者 東京 : 朝日新聞出版
出版年 2016.12

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 494.5||H91 2211093392

書誌詳細を非表示

出版年 2016.12
大きさ 190p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  保坂, 隆(1952-) <ホサカ, タカシ>
分 類 NDLC:SC471
NDC9:494.5
件 名 NDLSH:サイコオンコロジー
ISBN 9784022514356
NCID BB22926305
書誌ID B000847095
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
一番の敵は、絶望です。がん患者に寄り添い続ける精神科医が教える「心の処方箋」。

[目次]
第1章 がんを知っても落ち込まない人の共通点(「がん」と診断 頭が真っ白になる人がほとんどです
「私は死んでしまうんだ…」と思い込んでしまうのには理由があります ほか)
第2章 自分なりに、がんと人生と向き合う(健康な人も、必ず死ぬのです
告知されることで、大切な時間を有効に使えるようになります ほか)
第3章 がんとともに生きるということ(「がん」は試金石 自分にとって大切な人が見えてきます
がんがきっかけで互いの愛に気づくことがある ほか)
第4章 日常の「行動・習慣」から心を整える(「静」のストレス解消法 リラクゼーション法
「ゆれる炎のキャンドル」で簡単に瞑想ができる ほか)
第5章 何があっても心おだやかな人の共通点(目に見えないことを受け止める生き方「スピリチュアリティ」
死を「次の次元への旅立ち」と考えれば生きる意味や自分のミッションが見えてきます ほか)

 類似資料