このページのリンク

<図書>
ハカリスギ : ナゼ パフォーマンス ヒョウカ ワ シッパイ スルノカ?
測りすぎ : なぜパフォーマンス評価は失敗するのか? / ジェリー・Z・ミュラー [著] ; 松本裕訳

データ種別 図書
出版者 東京 : みすず書房
出版年 2019.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 361.9||Mu29 1000591882


東京あだち図書館(3F一般書架) 361.9||Mu29 2111143847


越谷_教職課程04 361.9||Mu29 1000604303


越谷_英文科03 361.9||Mu29 1000591224


湘南_情報学部44
2111142955


あだち_経営学部11 361.9 3000056471

書誌詳細を非表示

出版年 2019.4
大きさ 189, 22p ; 20cm
別書名 原タイトル:The tyranny of metrics
異なりアクセスタイトル:測りすぎ : なぜパフォーマンス評価は失敗するのか
一般注記 原注: 巻末p3-22
人名索引: 巻末p[1]-2
本文言語 日本語
著者標目  Muller, Jerry Z., 1954-
 松本, 裕(1974-) <マツモト, ユウ>
分 類 NDC8:361.9
NDC9:361.9
NDC10:361.9
NDLC:EC35
件 名 BSH:社会調査
NDLSH:社会測定
NDLSH:管理工学
ISBN 9784622087939
NCID BB28158909
書誌ID B000900422
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
教育、医療、ビジネス、行政、NPO…業績評価が組織をダメにする根本原因を分析。パフォーマンス測定への固執が機能不全に陥る原因と、数値測定の健全な使用方法を明示。巻末にはチェックリストを付す。

[目次]
1 議論(簡単な要旨
繰り返す欠陥)
2 背景(測定および能力給の成り立ち
なぜ測定基準がこれほどほど人気になったのか
プリンシパル、エージェント、動機づけ
哲学的批判)
3 あらゆるものの誤測定?―ケーススタディ(大学
学校
医療
警察

ビジネスと金融
慈善事業と対外援助
透明性が実績の敵になるとき―政治、外交、防諜、結婚)
4 結論(意図せぬ、だが予測可能な悪影響
いつどうやって測定基準を用いるべきか―チェックリスト)

 類似資料