このページのリンク

<図書>
ジンコウ チノウ ワ ワタクシタチ オ ホロボスノカ : ケイサンキ ガ カミ ニ ナル 100ネン ノ モノガタリ
人工知能は私たちを滅ぼすのか : 計算機が神になる100年の物語 / 児玉哲彦著

データ種別 図書
出版者 東京 : ダイヤモンド社
出版年 2016.3

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 548.13||Ko18 2111132460

書誌詳細を非表示

出版年 2016.3
大きさ 327p ; 19cm
別書名 標題紙タイトル:Will AI destroy us?
異なりアクセスタイトル:人工知能は私たちを滅ぼすのか : 計算機が神になる100年の物語
異なりアクセスタイトル:人工知能は私たちを滅ぼすのか : 計算機が神になる100年の物語
一般注記 参考文献: p322-327
本文言語 日本語
著者標目  *児玉, 哲彦(1980-) <コダマ, アキヒコ>
分 類 NDC8:007.1
NDC9:007.13
件 名 BSH:人工知能
ISBN 9784478068090
NCID BB20957363
書誌ID B000822863
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
AIはどこから来て何を変えるのか?ITと人間の関係を研究する専門家がコンピューターの進化論から、この先必ず訪れる驚愕の世界を描く。

[目次]
第1部 コンピューターの創世記―私たちが禁断の果実を口にするまで(人間は心を持つ機械を作れるのか―コンピューターの創造
機械は人間をどこまで賢くするのか―箱舟に導かれたパーソナルコンピューター
インターネットが雲の上に織り成す地球の神経網―雲まで届くバベルの塔
スマートフォンはいかにして私たちのポケットを占拠したか―神と人をつなぐ石板)
第2部 人工知能の黙示録―神の子が私たちを最後の審判にかける(人工知能は本当に人間を超えるのか―聖杯の探求者たち
IoTと人工知能がもたらす2030年の社会―千年王国の到来
人工知能は私たちを救うのか、滅ぼすのか―最後の審判)

 類似資料