このページのリンク

<図書>
レンキンジュツ ノ ヒミツ : サイゲン ジッケン ト レキシガク カラ トキアカサレル 「コウキ ナル ワザ」
錬金術の秘密 : 再現実験と歴史学から解きあかされる「高貴なる技」 / ローレンス・M.プリンチーペ著 ; ヒロ・ヒライ訳
(Bibliotheca hermetica叢書 / ヒロ・ヒライ監修)

データ種別 図書
出版者 東京 : 勁草書房
出版年 2018.8

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 430.2||P93 1000583446


越谷_化学研 430.2||P93 1000588059

書誌詳細を非表示

出版年 2018.8
大きさ xi, 288, xxxviip, 図版8p ; 22cm
別書名 原タイトル:The secrets of alchemy
異なりアクセスタイトル:錬金術の秘密 : 再現実験と歴史学から解きあかされる高貴なる技
一般注記 文献一覧: 巻末pviii-xxxv
本文言語 日本語
著者標目  Principe, Lawrence M.
 Hirai, Hiro
分 類 NDC8:430.2
NDC9:430.2
NDC10:430.2
件 名 BSH:錬金術
ISBN 9784326148301
NCID BB26680615
書誌ID B000889586
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
錬金術の基礎にある化学・医薬的な技術と発展の過程、そして詐欺や魔術と誤解・断罪された経緯、暗号化されたテクストの読解、錬金術師たちの社会的な評価、文学や演劇、宗教との関係、背景となる自然観や人間観から、「高貴なる技」が科学史と文化史に占める重要な地位を示す。また再現実験から、その実像を炙りだす。

[目次]
プロローグ―錬金術とはなにか
第1章 起源―ギリシア・エジプトの「ケメイア」
第2章 成長―アラビアの「アル・キミア」
第3章 成熟―中世ヨーロッパの「アルケミア」
第4章 再定義、再生、そして再解釈―一八世紀から現代まで
第5章 黄金期―初期近代における「キミア」の実践
第6章 秘密のヴェールを剥ぐ
第7章 キミアの広大な世界
エピローグ

 類似資料