このページのリンク

<図書>
「メイチョ」カラ ヨミトク ニホン シャカイシ : コダイ カラ ゲンダイ マデ
「名著」から読み解く日本社会史 : 古代から現代まで / 夏目琢史著

データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2018.5

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 210.01||N58 1000578477

書誌詳細を非表示

出版年 2018.5
大きさ xi, 334, 12p : 挿図, 肖像 ; 19cm
別書名 異なりアクセスタイトル:名著から読み解く日本社会史 : 古代から現代まで
一般注記 参考文献: 各章末
本文言語 日本語
著者標目  夏目, 琢史(1985-) <ナツメ, タクミ>
分 類 NDC8:210.01
NDC9:210.01
NDC10:210.01
件 名 BSH:日本 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:歴史学
BSH:図書解題
NDLSH:日本 -- 社会 -- 歴史 -- 書目 -- 解題  全ての件名で検索
ISBN 9784623081288
NCID BB25984046
書誌ID B000877727
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
歴史学研究の軌跡から、日本社会を思索する。古代から現代までの14冊の名著を紹介、現代社会に活きる「知」を総覧する。

[目次]
第1部 日本社会史の名著―古代篇(日本人はどこから来たのか?―『騎馬民族国家』江上波夫
日本古来の思想って何?―『火山列島の思想』益田勝実 ほか)
第2部 日本社会史の名著―中世篇(「古代的」なるものへの反逆―『中世的世界の形成』石母田正
中世社会の発見―『山の民・川の民』井上鋭夫 ほか)
第3部 日本社会史の名著―近世篇(日本史学への挑戦―『日本封建社会成立史論』(上・下)安良城盛昭
戦国時代の「村」をどうとらえるか―『雑兵たちの戦場』藤木久志 ほか)
第4部 日本社会史の名著―近代篇(幕末の「世直し」状況に何をみるか―『世直し』佐々木潤之介
民衆の思想から歴史を考える―『日本の近代化と民衆思想』安丸良夫 ほか)

 類似資料