このページのリンク

<図書>
デンデラコク
でんでら国 / 平谷美樹著
(小学館文庫 ; [ひ12-4]-[ひ12-5])

データ種別 図書
出版者 東京 : 小学館
出版年 2017.6

所蔵情報を非表示


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) SB||ひ-12-4 2211095620

湘南図書館(2F文庫新書コーナー) SB||ひ-12-5 2211095621

書誌詳細を非表示

出版年 2017.6
大きさ 2冊 ; 15cm
一般注記 叢書番号はブックジャケットによる
本文言語 日本語
著者標目  平谷, 美樹 <ヒラヤ, ヨシキ>
分 類 NDLC:KH837
NDC10:913.6
ISBN 9784094062595
NCID BB25562362
書誌ID B000868874
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
時は幕末、陸奥国八戸藩と南部藩に挟まれた小さな国・外館藩西根通大平村。大平村には、六十歳になると村での役割を全て解かれ、御山参りをする習わしがあった。それは食い扶持を減らすための姥捨ての旅とも囁かれていた…。そんな大平村は、どんな厳しい飢饉の年も、きちんと年貢米を納めている。代官所は、そこに目を付け、食い扶持を減らすだけでなく、もしや「隠田」を開墾しているのではないかと疑い始める。隠田を持つことは死罪にあたる。真実を悟られまいとする農民と、それを暴こうとする代官の知恵比べが始まる。痛快!幕末老人エンターテインメント。

 類似資料