このページのリンク

<図書>
ゲンゴ シュウトク ト ヨウホウ キバン モデル : ニンチ ゲンゴ シュウトクロン ノ アプローチ
言語習得と用法基盤モデル : 認知言語習得論のアプローチ / 児玉一宏, 野澤元著
(講座認知言語学のフロンティア / 山梨正明編 ; 6)

データ種別 図書
出版者 東京 : 研究社
出版年 2009.6

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 801||Ko98||6 1000414299

書誌詳細を非表示

出版年 2009.6
大きさ xiii, 172p : 挿図 ; 21cm
一般注記 参考文献: p149-168
本文言語 日本語
著者標目  児玉, 一宏(1964-) <コダマ, カズヒロ>
 野澤, 元(1973-) <ノザワ, ハジメ>
分 類 NDC9:801
件 名 BSH:認知言語学
BSH:言語発達
ISBN 9784327237066
NCID BA90386736
書誌ID B000434658
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
本巻では、認知言語学の研究パラダイムを背景にした言語習得の研究を、用法基盤モデルの観点から解説する。特に、構文の習得過程に焦点をおき、一語発話、二語発話、ゲシュタルト構文、動詞島現象、スキーマ化のプロセス、構文交替現象、構文の拡張と創造的言語使用など、言語習得にかかわる主要テーマを取り上げ、これらの言語習得の問題を体系的に解説する。これまでの生成文法中心の言語習得観とは異なった、新たな方向を探求していく。

[目次]
第1章 認知言語学と言語習得
第2章 初期言語発達
第3章 構文文法と言語習得
第4章 用法基盤モデルと構文の習得
第5章 言語進化への認知言語学的展望
第6章 総括と一般的展望

 類似資料