このページのリンク

<図書>
ニホンビョウ : チョウキ スイタイ ノ ダイナミクス
日本病 : 長期衰退のダイナミクス / 金子勝, 児玉龍彦著
(岩波新書 ; 新赤版 1583)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2016.1

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) I||a||1583 2211090470

書誌詳細を非表示

出版年 2016.1
大きさ v, 237p : 挿図 ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  金子, 勝(1952-) <カネコ, マサル>
 児玉, 龍彦 <コダマ, タツヒコ>
分 類 NDC8:304
NDC9:304
NDC9:332.107
件 名 BSH:日本
NDLSH:日本 -- 経済  全ての件名で検索
NDLSH:生物学
ISBN 9784004315834
NCID BB2042396X
書誌ID B000820179
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
長期化する不況、失業者の増加、年金制度の破綻、少子高齢化の進行…。アベノミクスによって日本経済は「長期衰退」の時代に入り、いまや「日本病」とも呼べる状態に陥っている。『逆システム学』で市場や生命の複雑なしくみを解明した著者たちが、この「病気」のメニカズムとダイナミクスを明らかにし「治療法」を提示する。

[目次]
第1章 「日本病」と予測の科学
第2章 「日本病」の症状―アベノミクスの失敗
第3章 抗生物質の効かない日本経済―バブルとショックの悪性化
第4章 「主流派」の言説と実感のずれ―社会の破壊
第5章 エピゲノム病としての長期衰退
第6章 周期性のコントロールが消える時
第7章 「日本病」からの出口はどこにあるのか

 類似資料