このページのリンク

<図書>
キョウゴウ スル カゾク モデルロン
競合する家族モデル論 / ライカイ・ジョンボル・ティボル著
(変容する親密圏/公共圏 ; 9)

データ種別 図書
出版者 京都 : 京都大学学術出版会
出版年 2014.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 361.63||R12 1000528471


東京あだち図書館(3F一般書架) 361.63||R12 2111127631


越谷_人間科学部07 院共同研究||||H26 1000534902

書誌詳細を非表示

出版年 2014.7
大きさ x, 309p : 挿図 ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:競合する家族モデル論
表紙タイトル:Intimate and public
一般注記 京都大学大学院文学研究科博士後期課程に在学した期間(2002-2009年)において執筆した博士論文を基に、加筆・修正したもの
参考文献: p245-257
本文言語 日本語
著者標目  Rajkai, Zsombor Tibor
分 類 NDC8:361.63
NDC9:361.63
件 名 BSH:家族
ISBN 9784876983933
NCID BB16044673
書誌ID B000537772
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
80年代以降、家族モデルは個人化への道を進むが、このパラダイム転換にはさまざまな相が存在する。家族変動が複雑で、かつ市場主義と社会主義が現実に併存する“非西欧の文化圏”を検討しながら、近代家族の多様性について考える。

[目次]
第1章 家族の比較研究に潜在する可能性をめぐって
第2章 本書における概念の定義と分析枠組み
第3章 社会主義期からポスト社会主義期へ転換するハンガリー
第4章 閉鎖的社会から開放的社会へ歩みつつある中国
第5章 伝統文化とアメリカ文化との葛藤に陥った台湾
第6章 脱亜から入亜へ転換する日本
第7章 家族社会学の多様性
第8章 「競合する家族モデル」論の構築
付録 テキストの内容(要約)

 類似資料