このページのリンク

<図書>
ヘイアン キュウテイ ブンガク ト カヨウ
平安宮廷文学と歌謡 / 中田幸司著

データ種別 図書
出版者 東京 : 笠間書院
出版年 2012.12

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 911.6||N31 1000497966

書誌詳細を非表示

出版年 2012.12
大きさ ix, 457, 22p ; 22cm
本文言語 日本語
著者標目  中田, 幸司(1965-) <ナカダ, コウジ>
分 類 NDC8:911.63
NDC9:911.63
件 名 BSH:清少納言
BSH:催馬楽
BSH:枕草子
ISBN 9784305706676
NCID BB11313042
書誌ID B000510883
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
平安の宮廷人に広く愛好され、受容された歌謡『催馬楽』は、どのような性質をもつ歌謡で、往時の宮廷人にいかに受容されていったのか。「宮廷の論理」とでも呼ぶべき共通認識の存在を想定し、歌謡が受容・共感される道筋を論証する。

[目次]
第1部 『催馬楽』と表現(和歌と歌謡―『催馬楽』の形成と受容
『催馬楽』「我が駒」攷―表現にみる伝統の凌駕
『催馬楽』「高砂」攷―“寿歌”から“恋歌”への移行
『催馬楽』「妹が門」攷―“農耕歌”から“恋歌”への昇華
『催馬楽』「東屋」攷―詞章の“浮遊”と“知的な遊び” ほか)
第2部 『枕草子』と表現(歌謡と『枕草子』―「歌は」・「河は」章段との関わりを中心に
『枕草子』類聚章段と作者の手法―「すさまじきもの」章段の叙述を中心に
『枕草子』翁丸章段攷―「御鏡」の機能
『枕草子』「円融院の御果ての年」章段攷―藤三位と立文の機能
『枕草子』「宮にはじめてまゐりたるころ」章段攷―交渉の“ウラ”から“オモテ”へ ほか)

 類似資料