このページのリンク

<図書>
コラージュ リョウホウ
コラージュ療法 / 杉野健二著
(実践ですぐ使える絵画療法 ; 2)

データ種別 図書
出版者 名古屋 : 黎明書房
出版年 2011.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 146.8||Su42 1000468003


越谷_人間科学部38 146.8||Su42 1000476470

書誌詳細を非表示

出版年 2011.7
大きさ 226p, 図版 [2] p : 挿図 ; 21cm
一般注記 監修: 加藤孝正
参考文献: p217-221
索引: p222-226
本文言語 日本語
著者標目  杉野, 健二 <スギノ, ケンジ>
 加藤, 孝正(1936-) <カトウ, タカマサ>
分 類 NDC9:146.8
NDLC:SB237
件 名 NDLSH:コラージュ療法
NDLSH:絵画療法
ISBN 9784654003426
NCID BB06557875
書誌ID B000484237
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
コラージュ療法の手順、作品の解釈法を具体的に紹介。各事例のコラージュ作品の変化の過程とその読み解き方、対応の仕方を、面接の様子とともにわかりやすく紹介。コラージュ療法がなぜ心理臨床や心のケアに役立つか、ていねいに解説。幼児や子どもから成人、高齢者にまで活用できます。

[目次]
第1章 絵画療法におけるコラージュ法の位置(絵画療法の導入の経緯と変遷
家族療法の導入と変遷 ほか)
第2章 西洋絵画史におけるコラージュの意味(コラージュを生み出した「キュビズム」が登場する背景
キュビズムにおいてコラージュが果たした役割 ほか)
第3章 心理療法としてのコラージュ法の手順(材料を探す
台紙を選ぶ ほか)
第4章 コラージユ法が心理臨床や心のケアに役立つための理論化(治療モデルや治療技法の背景にある鍵概念
「セルフ・ヘルプ(自助)」機能を高めるのに必要な3つの鍵概念 ほか)
第5章 コラージュ療法が有効であった事例(事例1:心的外傷を被った女性のコラージュ療法
事例2:うつ病の男性のコラージュ療法 ほか)

 類似資料