このページのリンク

<図書>
ウツビョウ ノ リキドウテキ セイシン リョウホウ
うつ病の力動的精神療法 / フレドリック・N・ブッシュ, マリー・ラデン, セオドア・シャピロ著 ; 牛島定信, 平島奈津子監訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 金剛出版
出版年 2010.6

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 493.76||B95 1000431853

書誌詳細を非表示

出版年 2010.6
大きさ 257p ; 22cm
別書名 原タイトル:Psychodynamic treatment of depression
一般注記 文献: p238-245
本文言語 日本語
著者標目  Busch, Fredric N.
 Rudden, Marie
 Shapiro, Theodore
 牛島, 定信(1939-) <ウシジマ, サダノブ>
 平島, 奈津子 <ヒラシマ, ナツコ>
分 類 NDC8:493.76
NDC9:493.764
件 名 BSH:うつ病
BSH:精神療法
ISBN 9784772411363
NCID BB02417794
書誌ID B000452775
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
本書では、「うつ病に焦点を当てた力動的精神療法」を提案し、面接における実際のやりとりが豊富に紹介されているばかりでなく、自殺などの危機管理に対する力動的アプローチ、薬物療法や他の精神療法との併用などについても論述されており、うつ病臨床全体における力動的視点の意義についても理解を深めることができる。新しいタイプの病態をもつうつ病に対して、エビデンスのある治療法を追求する本書は、精神分析に馴染みのない読者にも大きな期待をもって迎えられ、日常の臨床に役立つ知見を提供することだろう。

[目次]
第1部 イントロダクションと展望(イントロダクション
うつ病の力動的モデルの発展
うつ病の力動的精神療法の展望)
第2部 うつ病の力動的精神療法の技法(うつ病の力動的精神療法を始めるにあたって
治療中期
自己愛的な傷つきやすさに取り組む
自己愛的な傷つきに対する反応性の怒りに取り組む
過酷な超自我と罪悪感
理想化と脱価値化
うつ病患者の防衛機制
終結期)
第3部 重要な論題(治療の行き詰まりと陰性治療反応に対処する
自殺に対する力動的アプローチ
力動的精神療法と他の治療法の併用)

 類似資料