このページのリンク

<図書>
ナゼ タイコク ワ スイタイ スルノカ : コダイ ローマ カラ ゲンダイ マデ
なぜ大国は衰退するのか : 古代ローマから現代まで / グレン・ハバード, ティム・ケイン著 ; 久保恵美子訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本経済新聞出版社
出版年 2014.10

所蔵情報を非表示



越谷_教職課程07 332||H98 1000533363

書誌詳細を非表示

出版年 2014.10
大きさ xi, 461p : 挿図, 地図 ; 20cm
別書名 原タイトル:Balance : the economics of great powers from ancient Rome to modern America
一般注記 参考文献: p431-440
本文言語 日本語
著者標目  Hubbard, R. Glenn
 Kane, Tim
 久保, 恵美子(1969-) <クボ, エミコ>
分 類 NDC9:332
件 名 BSH:経済 -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784532356132
NCID BB1696198X
書誌ID B000542524
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
日本は没落の危機を克服できるか?古代ローマ、明朝中国、スペイン、オスマン帝国、大英帝国、ユーロ圏、そして日本、米国まで。最新の経済学をもとに、経済的不均衡が文明を崩壊させることを解き明かす。ポール・ケネディ『大国の興亡』を超える「大国の経済学」!

[目次]
大国の経済学
経済的行動と制度
ローマ帝国の没落
中国の宝
スペインの落日
奴隷による支配―オスマン帝国のパラドックス
日本の夜明け
大英帝国の消滅
ヨーロッパ―統一と多様性
カリフォルニア・ドリーム
米国に必要な長期的視野
米国を改善する

 類似資料