このページのリンク

<図書>
オスマン テイコク 500ネン ノ ヘイワ
オスマン帝国500年の平和 / 林佳世子 [著]
(講談社学術文庫 ; [2353] . 興亡の世界史)

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2016.5

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 227.4||H48||文庫 1000559468


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) K||B||2353 2211103240

書誌詳細を非表示

出版年 2016.5
大きさ 409p : 挿図, 肖像, 地図 ; 15cm
一般注記 原本は「興亡の世界史」の第10巻として2008年10月講談社より刊行
叢書番号はブックジャケットによる
参考文献: p381-387
年表: p388-394
本文言語 日本語
著者標目  林, 佳世子(1958-) <ハヤシ, カヨコ>
分 類 NDC8:226.6
NDC9:227.4
件 名 BSH:トルコ -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:オスマン帝国
ISBN 9784062923538
NCID BB21186360
書誌ID B000838616
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
一四世紀初頭、アナトリアの辺境に生まれた小国は、やがてバルカンからアラブ世界、北アフリカをおおう大帝国に発展した。メフメト二世、スレイマン一世ら強力なスルタンの時代、大宰相と官人たちの長く安定した支配、イスタンブルに花開いたオスマン文化。多民族と多宗教の共存した帝国が、一九世紀の「民族の時代」の到来により分裂するまでを描く。

[目次]
第1章 アナトリア―一〇五〇〜一三五〇
第2章 バルカン―一三五〇〜一四五〇
第3章 戦うスルタンの旗のもとで―一四五〇〜一五二〇
第4章 スレイマン一世の時代―一五二〇〜六〇
第5章 オスマン官人たちの時代―一五六〇〜一六八〇
第6章 近世オスマン社会を生きる
第7章 繁栄のなかの不安―一六八〇〜一七七〇
第8章 オスマン体制の終焉―一七七〇〜一八三〇
おわりに―「民族の時代」のなかで

 類似資料