このページのリンク

<図書>
センソウ シャカイガク : リロン タイシュウ シャカイ ヒョウショウ ブンカ
戦争社会学 : 理論・大衆社会・表象文化 / 好井裕明, 関礼子編著

データ種別 図書
出版者 東京 : 明石書店
出版年 2016.10

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 391.1||Y88 2111134659

書誌詳細を非表示

出版年 2016.10
大きさ 243p ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:戦争社会学 : 理論大衆社会表象文化
一般注記 文献あり
本文言語 日本語
著者標目  好井, 裕明(1956-) <ヨシイ, ヒロアキ>
 関, 礼子(1966-) <セキ, レイコ>
分 類 NDC8:391.1
NDC9:391.1
件 名 BSH:戦争
ISBN 9784750344294
NCID BB2228791X
書誌ID B000843138
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[目次]
序 戦争をめぐる社会学の可能性
第1章 戦争と社会学理論―ホモ・ベリクス(Homo bellicus)の発見
第2章 大衆社会論の記述と「全体」の戦争―総力戦の歴史的・社会的位格
第3章 モザイク化する差異と境界―戦争とジェンダー/セクシュアリティ
第4章 覆され続ける「予期」―映画『軍旗はためく下に』と「遺族への配慮」の拒絶
第5章 戦死とどう向き合うか?―自衛隊のリアルと特攻の社会的受容から考える
第6章 証言・トラウマ・芸術―戦争と戦後の語りの集合的な分析
第7章 戦後台湾における日本統治期官営移民村の文化遺産化―戦前・戦後の記憶の表象をめぐって
第8章 「豚」がプロデュースする「みんなの戦後史」―グローバルな社会と沖縄戦後史再編
第9章 被爆問題の新たな啓発の可能性をめぐって―ポスト戦後70年、「被爆の記憶」をいかに継承しうるのか

 類似資料