このページのリンク

<図書>
コダイ メソポタミア ゼンシ : シュメル、バビロニア カラ サーサーンチョウ ペルシア マデ
古代メソポタミア全史 : シュメル、バビロニアからサーサーン朝ペルシアまで / 小林登志子著
(中公新書 ; 2613)

データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2020.10

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) C||2613 2211109524

書誌詳細を非表示

出版年 2020.10
大きさ v, 304p, 図版 [4] p : 挿図, 肖像, 地図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:古代メソポタミア全史 : シュメルバビロニアからサーサーン朝ペルシアまで
一般注記 主要参考文献: p285-289
図版引用文献: p290-293
本文言語 日本語
著者標目  小林, 登志子(1949-) <コバヤシ, トシコ>
分 類 NDC8:228.1
NDC9:227.3
NDC10:227.3
件 名 BSH:メソポタミア文明
ISBN 9784121026132
NCID BC03233976
書誌ID B000932704
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
人類初の文明は5500年前のメソポタミアに生まれた。潅漑農業、都市、文字など、現代でも必須な文明の要素は全てこのときにシュメル人が発明した。その後、「目には目を」で名高いハンムラビ王、初の世界帝国を築いた新アッシリアのアッシュル・バニパル王、「バビロン捕囚」で悪名高いネブカドネザル二世など数々の王たちが現れ、様々な民族の王朝が抗争を繰り広げる。イスラームの登場まで、4000年の興亡を巨細に描く。

[目次]
序章 ユーフラテス河の畔、ティグリス河の畔―メソポタミアの風土
第1章 シュメル人とアッカド人の時代―前三五〇〇年‐前二〇〇四年
第2章 シャムシ・アダド一世とハンムラビ王の時代―前二〇〇〇年紀前半
第3章 バビロニア対アッシリアの覇権争い―前二〇〇〇年紀後半
第4章 世界帝国の興亡―前一〇〇〇年‐前五三九年
終章 メソポタミアからイラクへ―前五三九年‐後六五一年

 類似資料