このページのリンク

<図書>
カースト ト ビョウドウセイ : インド シャカイ ノ レキシ ジンルイガク
カーストと平等性 : インド社会の歴史人類学 / 田辺明生著

データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 2010.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 362.25||Ta83 1000429019


東京あだち図書館(3F一般書架) 362.25||Ta83 2111113096

書誌詳細を非表示

出版年 2010.2
大きさ xii, 568p ; 22cm
別書名 その他のタイトル:Caste and equality : historical anthropology of local society and vernacular democracy in India
一般注記 その他のタイトルは標題紙裏による
参考文献: p515-556
本文言語 日本語
著者標目  田辺, 明生 <タナベ, アキオ>
分 類 NDC8:362.25
NDC9:362.25
件 名 BSH:カースト
BSH:インド -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784130561068
NCID BB0123364X
書誌ID B000448920
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[目次]
民主化と社会変容への歴史人類学的アプローチ
第1部 歴史と記憶(18世紀インドのカーストと王権―前植民地期の職分権体制
植民地期における地域社会の変容―断片化されたコスモス)
第2部 ポスト植民地の苦境(現代インド社会における「伝統」と生モラル―社会文化領域の再生産
ポスト植民地社会の現金経済と派閥政治―政治経済領域における「魚の論理」)
第3部 儀礼とアイデンティティ(儀礼・歴史・アイデンティティ―女神祭祀からみた地域社会と国家
ネーション形成における伝統のポリティクス―武術競技会によるオリッサ民族文化の創造と波紋)
第4部 社会変容とデモクラシー(カーストの解釈をめぐって―下からの社会変容
ヴァナキュラー・デモクラシーの可能性―地域社会のポスト・ポスト植民地的変容)
ポスト植民地の彼方に

 類似資料