このページのリンク

<図書>
ニシダ キタロウ : レキシ ノ ロンリガク
西田幾多郎 : 歴史の論理学 / 荒谷大輔著
(再発見日本の哲学)

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2008.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 121.6||N81 1000392579

書誌詳細を非表示

出版年 2008.1
大きさ 227p ; 19cm
一般注記 参考文献: p214-217
読書案内: p225-227
西田幾多郎略歴: p222-224
本文言語 日本語
著者標目  荒谷, 大輔(1974-) <アラヤ, ダイスケ>
分 類 NDC8:121.6
NDC9:121.63
件 名 BSH:西田, 幾多郎
ISBN 9784062787543
NCID BA84857248
書誌ID B000395344
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
西田は西田ではないことで西田である?絶対矛盾的自己同一とは、どんな理論なのか?

[目次]
第1章 絶対矛盾的自己同一という「謎」(歴史の形成作用と種の論理
絶対矛盾的自己同一の直観
西田の論理と形而上学)
第2章 うそつきの論理学(うそつきと矛盾
言語階層の分化とその重なり
真理の判定)
第3章 コミュニケーションの真理(意味と真理
対話の「愛」とその意味
「謎」の解釈)
第4章 「欺く神」の論理学(真理の根拠としての「絶対無」
「欺く神」の真理
「うそつき」の真実)
第5章 歴史の論理学(行為的直観の論理
事実としての宗教
「近代の超克」の他者)

 類似資料