このページのリンク

<図書>
ゼン ノ ケンキュウ
善の研究 / 西田幾多郎著
(岩波文庫 ; 青(33)-124-1)

データ種別 図書
改版
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2012.3

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 121.6||N81||文庫 1000482580


越谷図書館(B1PCルーム前)推薦図書 推薦||人間||谷口 1000593587


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) I||B||124-1 2211081168

書誌詳細を非表示

出版年 2012.3
大きさ 372p ; 15cm
一般注記 底本: 竹田篤司, クラウス・リーゼンフーバー, 小坂国継, 藤田正勝編『西田幾多郎全集』第一巻 (岩波書店, 2003年)
本文言語 日本語
著者標目  西田, 幾多郎(1870-1945) <ニシダ, キタロウ>
分 類 NDC8:121.6
NDC9:121.63
ISBN 9784003312414
NCID BB08638832
書誌ID B000494772
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
真の実在とは何か、善とは何か、いかに生きるべきか、真の宗教心とは―。主観と客観が分かたれる前の「純粋経験」を手がかりに、人間存在に関する根本の問いを考え抜いた西田幾多郎(1870‐1945)。東洋の伝統を踏まえ、西洋的思考の枠組そのものを問題にした本書は、百年後の今日まで日本の哲学の座標軸であり続ける。

[目次]
第1編 純粋経験(純粋経験
思惟 ほか)
第2編 実在(考究の出立点
意識現象が唯一の実在である ほか)
第3編 善(行為
意志の自由 ほか)
第4編 宗教(宗教的要求
宗教の本質 ほか)

 類似資料