このページのリンク

<図書>
シンブン キシャ デ シニタイ : オウム ジケン ト トウビョウ ノ ヒビ
新聞記者で死にたい : オウム事件と闘病の日々 / 牧太郎著
(中公文庫 ; [ま-41-1])

データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2010.11

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) C||ま||41-1 2211078285

書誌詳細を非表示

出版年 2010.11
大きさ 285p ; 16cm
別書名 原タイトル:新聞記者で死にたい : 障害は「個性」だ
一般注記 『新聞記者で死にたい : 障害は「個性」だ』 (1998年4月刊) を改題、一部加筆したもの
叢書番号はブックジャケットによる
本文言語 日本語
著者標目  牧, 太郎(1944-) <マキ, タロウ>
分 類 NDC8:916
NDC9:916
件 名 BSH:脳卒中 -- 闘病記  全ての件名で検索
ISBN 9784122053960
NCID BB04087704
書誌ID B000760412
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
年齢四十七、職業は週刊誌編集長。首相のスキャンダルを、オウム真理教の悪徳を暴いた働き盛りの男が「地雷」を踏んだ。脳卒中で右半身の自由を奪われ言葉を無くした。死の誘惑が胸をよぎりながら、「もう一度社会悪と格闘するまで死ねない」と決意。壮絶な闘病生活が始まった…。感動の手記。

[目次]
ある夜、脳が破壊された!
家族の名前が喋れない
地獄―社会との断絶、会社との断絶
「オウム」の恐怖
脳卒中患者の「リストラ」と「離婚」
競馬が身を助け、悪友が―
「復職率五パーセント」の憂鬱
捨て身の生還作戦
病院から出社してみた
ワープロが僕を助けた
歩けた!退院だ
“天敵”中曽根元首相の手紙
卑劣なオウムの紙爆弾
障害者の大先輩
踏切を渡る“恐怖”、職場に戻る“恐怖”
「瞼の父」は新聞記者だった
牙を剥いた「オウム」
新聞記者で生き、新聞記者で死にたい

 類似資料