このページのリンク

<図書>
レヴィ ストロース : コウゾウ
レヴィ=ストロース : 構造 / 渡辺公三 [著]
(講談社学術文庫 ; [2627])

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2020.9

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 389||L57||文庫 1000605137


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) K||B||2627 2211110179


越谷_教職課程07
1000605669

書誌詳細を非表示

出版年 2020.9
大きさ 355p : 挿図, 肖像 ; 15cm
別書名 異なりアクセスタイトル:レヴィストロース
一般注記 「現代思想の冒険者たち 20」(1996年刊)の改訂
シリーズ番号はブックジャケットによる
レヴィ=ストロース略年譜: p352-355
読書案内: p332-339
本文言語 日本語
著者標目  渡辺, 公三(1949-) <ワタナベ, コウゾウ>
分 類 NDC8:389
NDC9:389
NDC10:389
NDLC:G121
件 名 BSH:Lévi-Strauss, Claude
NDLSH:Lévi-Strauss, Claude(1908-2009)
LCSH:Lévi-Strauss, Claude
NDLSH:文化人類学
ISBN 9784065209202
NCID BC02459350
書誌ID B000932884
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
現代人類学の頂点に立つクロード・レヴィ=ストロース(一九〇八‐二〇〇九年)。ブラジルで現地部族の調査を開始した若者は、やガてヤコブソンの言語学に出会い、構造主義が産声をあげる。『悲しき熱帯』から『野生の思考』を経て『神話論理』に向かう豊饒な道―主要著作を時代背景の中で明快に描いた不滅の名著、ついに文庫化。

[目次]
序章 構造主義のエシックス
第1章 歴史の影のなかで
第2章 声とインセスト
第3章 旅の終わり
第4章 神話と詩のあいだに
第5章 幻想から思考へ
第6章 新石器のビルドゥングスロマン1―南半球の森から
第7章 新石器のビルドゥングスロマン2―北半球への旅
終章 「構造」の軌跡

 類似資料