このページのリンク

<図書>
ハコニワ ニヨル ニンチ モノガタリ リョウホウ : ジブン デ ヨミトク イメージ ヒョウゲン
箱庭による認知物語療法 : 自分で読み解くイメージ表現 / 大前玲子著

データ種別 図書
出版者 東京 : 誠信書房
出版年 2010.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 146.8||O61 1000428124


湘南図書館(2F一般書架) 146.8||O61 2111113011

書誌詳細を非表示

出版年 2010.2
大きさ vi, 200p ; 22cm
一般注記 文献: p[192]-196
本文言語 日本語
著者標目  大前, 玲子 <オオマエ, レイコ>
分 類 NDC9:146.8
件 名 NDLSH:箱庭療法
BSH:認知行動療法
ISBN 9784414400540
NCID BB01344491
書誌ID B000447752
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
本書で紹介する「箱庭による認知物語療法」は、従来の箱庭療法に認知‐物語アプローチを導入することにより、心理的課題のより効果的な生成とその達成の促進を目指すものであり、認知療法の観点からはスキーマを修正する方法にもつながる、著者オリジナルの新技法である。一般的に箱庭療法では、そこに現れるイメージ表現を重視し、箱庭の作品を味わいつつも積極的に言語化することはしない。しかしここで用いる技法は、認知‐物語アプローチの過程を経てクライエントの心理的課題を言語化するもので、そのような意識化の作業がクライエントの心と行動の変化につながることを事例によって示した。

[目次]
第1章 理論編:技法と発展過程(認知物語療法とは
認知物語療法の歴史的背景 ほか)
第2章 認知物語療法の実際(認知物語療法の目的
認知物語療法の方法)
第3章 事例編:箱庭療法に認知‐物語アプローチを導入した適用例
第4章 考察:自分で読み解くイメージ表現(総合考察
認知療法の観点から箱庭作品を扱う意義 ほか)
第5章 まとめ

 類似資料