このページのリンク

<図書>
マエムキ ナ アキラメ オ ウナガス インターネット ニンチ コウドウ リョウホウ : ニホン ブンカ ニ ソクシタ シンリ シエン ノ タメ ニ
「前向きな諦め」を促すインターネット認知行動療法 : 日本文化にそくした心理支援のために / 菅沼慎一郎著

データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2018.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 146.811||Su25 1000584213

書誌詳細を非表示

出版年 2018.10
大きさ xi, 192p : 挿図 ; 21cm
別書名 異なりアクセスタイトル:前向きな諦めを促すインターネット認知行動療法 : 日本文化にそくした心理支援のために
一般注記 監修: 下山晴彦
引用文献: p177-187
関連する論文・学会発表リスト: p190
本文言語 日本語
著者標目  菅沼, 慎一郎(1987-) <スガヌマ, シンイチロウ>
 下山, 晴彦(1957-) <シモヤマ, ハルヒコ>
分 類 NDC9:146.8
NDC10:146.811
件 名 BSH:認知行動療法
BSH:インターネット
NDLSH:ICT
ISBN 9784623084531
NCID BB26999763
書誌ID B000893187
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
インターネットを用いた認知行動療法がいま世界的に注目されていますが、わが国でそれを有効に活用するためには日本的な心のあり方に合わせることが必要です。本書は、最新の認知行動療法における「アクセプタンス」の重要性を踏まえ、日本的なアクセプタンスとしての“前向きな諦め”の定義と構造、心理プロセス、心の健康への影響について、インタビュー調査・質問紙調査にもとづいて考察しています。その上で、独自に開発した“前向きな諦め”を促すスマートフォンアプリケーションの内容や効果研究を紹介します。

[目次]
第1部 “諦め”は私たちの人生や心の健康にどうかかわるか(なぜ“諦め”に着目するのか―日本文化にそくした認知行動療法実践に向けて
“諦め”の全体像を理解する―語られたエピソードの分析から
“諦め”が心の健康におよぼす様々な影響―質問紙調査の分析から)
第1部から第2部へ “前向きな諦め”とは何か―研究からみえてきたもの
第2部 “前向きな諦め”のためのインターネット認知行動療法(インターネット認知行動療法とは何か
“前向きな諦め”を促すセルフケア・アプリケーションの開発
“前向きな諦め”を促すセルフケア・アプリケーションの実践)

 類似資料