このページのリンク

<図書>
キョウカンリョク
共感力 / ハーバード・ビジネス・レビュー編集部編 ; DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部訳
(EIシリーズ : Emotional intelligence)

データ種別 図書
出版者 東京 : ダイヤモンド社
出版年 2018.11

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2Fブラウジング) も3 1000584870

書誌詳細を非表示

出版年 2018.11
大きさ 134p ; 19cm
別書名 原タイトル:Empathy
標題紙タイトル:Empathy : harvard business review : emotional intelligence
一般注記 原著 (Brighton : Harvard Business Review Press, c2017) の翻訳
本文言語 日本語
著者標目  Harvard Business Review Press
 Diamondハーバードビジネスレビュー編集部 <Diamond ハーバード ビジネス レビュー ヘンシュウブ>
分 類 NDC8:336.4
NDC9:336.49
NDC10:336.49
NDC9:361.454
件 名 BSH:コミュニケーション
BSH:人間関係
BSH:共感
NDLSH:パーソナルコミュニケーション
NDLSH:共感
ISBN 9784478106006
NCID BB27268060
書誌ID B000898253
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
組織に柔軟さが求められるようになるにつれて、上意下達型のコミュニケーションから、対話型コミュニケーションへの転換が求められています。ただ、いくら対話を進めても、そこに信頼が醸成されていなければ、単なる情報交換すら成立しません。そこで必要とされるのが、「共感力」です。いまや共感力は組織内にとどまらず、対外的にも重要なスキルであり、顧客とのコミュニケーション、マーケティング、商品開発などにおいても欠かせないものとなっています。

[目次]
日本語版に寄せて なぜ共感力が必要とされるのか(中野信子・脳科学者)
共感力とは何か(ダニエル・ゴールマン・心理学者)
部下への思いやりは、叱責に勝る(エマ・セッパラ・スタンフォード大学「思いやりと利他精神の研究教育センター」サイエンスディレクター)
優れた聞き手は、どう振る舞うか(ジャック・ゼンガー・ゼンガー・フォークマンCEO ジョセフ・フォークマン・ゼンガー・フォークマン社長)
共感が協働を促し、会議の質を高める(アニー・マッキー・ペンシルバニア大学教育大学院シニアフェロー)
子育て経験のある上司とない上司、どちらが育児の苦労に共感してくれるか(レイチェル・ルタン・ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント博士課程履修生 メアリー=ハンター・マクダネル・ペンシルバニア大学ウォートン・スクール助教 ロラン・ノルドグレン・ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント准教授)
権力を手に入れると、思いやりが薄れる(ルー・ソロモン・インタラクトCEO)
なぜ人は昇進すると横柄になるのか(ダッチャー・ケルトナー・カリフォルニア大学バークレー校教授)
「共感的デザイン」の原則(ジョン・コルコ・ブラックボードデザイン担当バイスプレジデント)
フェイスブックは共感を活用してセキュリティを高める(メリッサ・ルーバン・フェイスブックプロダクトマネジャー)
共感するにも限度がある(アダム・ウェイツ・ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント准教授)
ダライ・ラマがEIについてダニエル・ゴールマンに語ったこと(ダニエル・ゴールマン・心理学者 アンドレア・オヴァンス・『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)シニアエディター)

 類似資料