このページのリンク

<図書>
ヤバン エノ キョウフ、 ブンメイ エノ オンネン : 「ブンメイ ノ ショウトツ」ロン オ コエテ「ブンカ ノ デアイ」オ カンガエル
野蛮への恐怖、文明への怨念 : 「文明の衝突」論を超えて「文化の出会い」を考える / ツヴェタン・トドロフ [著] ; 大谷尚文, 小野潮訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 新評論
出版年 2020.8

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 302.3||To18 1000603246

書誌詳細を非表示

出版年 2020.8
大きさ 326p ; 22cm
別書名 原タイトル:La peur des barbares : au-delà du choc des civilisations
異なりアクセスタイトル:野蛮への恐怖文明への怨念 : 文明の衝突論を超えて文化の出会いを考える
本文言語 日本語
著者標目  Todorov, Tzvetan, 1939-
 大谷, 尚文(1947-) <オオタニ, ナオフミ>
 小野, 潮(1955-) <オノ, ウシオ>
分 類 NDC8:361.5
NDC9:361.5
件 名 BSH:文化
BSH:集団心理学
BSH:アイデンティティ(心理学)
BSH:闘争(社会学)
ISBN 9784794811547
NCID BC01344342
書誌ID B000929175
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
人類が取るべき共存の形式とは何か。あらゆる暴力の源泉にある「人間的なもの」。他者性排斥と善悪二元論に打ち克つための、万人に求められる思考実践。

[目次]
序 恐怖と怨念のあいだで
第1章 野蛮と文明(野蛮であること
文明化されているということ ほか)
第2章 集団的アイデンティティ(文化の複数性
構築されたものとしての文化 ほか)
第3章 諸世界間の戦争(戦争する、それとも愛し合う?
宗教戦争と政治的紛争 ほか)
第4章 暗礁のはざまをすり抜ける(アムステルダムにおける殺人
反イスラム闘争 ほか)
第5章 ヨーロッパのアイデンティティ(アイデンティティを求めて
一体性の基礎としての複数性 ほか)
結 善悪二元論を超えて

 類似資料