このページのリンク

<図書>
カシコイ ヒト ホド ダマサレル : ココロ ト ノウ ニ シカケラレタ オトシアナ ノ スベテ
賢い人ほど騙される : 心と脳に仕掛けられた「落とし穴」のすべて / ロブ・ブラザートン著 ; 中村千波訳

データ種別 図書
出版者 東京 : ダイヤモンド社
出版年 2020.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 007.3||B76 1000603181

書誌詳細を非表示

出版年 2020.7
大きさ xiv, 364p ; 19cm
別書名 原タイトル:Suspicious minds : why we believe conspiracy theories
本文言語 日本語
著者標目  Brotherton, Rob
 中村, 千波 <ナカムラ, チナミ>
分 類 NDC8:361.45
NDC9:361.45
NDC10:361.45
件 名 BSH:デマ
ISBN 9784478068861
NCID BC01263047
書誌ID B000929369
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
秘密結社イルミナティ、ケネディ暗殺の“真相”、アポロ月面着陸疑惑、反ワクチン運動、911の“真犯人”探し…人はなぜありえない陰謀論を信じ、フェイクニュースを鵜呑みにしてしまうのか?頭脳明晰で知的な人ほど落とし穴にハマるそのわけを、10年以上陰謀論を研究する心理学者が解き明かす。

[目次]
第1章 陰謀論の時代―古代ローマからソーシャルメディアへ
第2章 陰謀論が引き起こす重すぎる「害」―ヒトラーの虐殺から反ワクチンまで
第3章 陰謀論にハマった人の思考回路―6つのスタイル
第4章 私たちはなぜこんなにも「陰謀好き」なのか?―信じる人の言い分
第5章 「誰」が陰謀論にハマるのか?―日常に潜む妄想の罠
第6章 知りたがりの心が“知識”に酔うとき―賢い人ほど騙される理由
第7章 神話とそっくりな陰謀論―ストーリーの力が心を曇らせる
第8章 偶然の一致に耐えられない―点と点をつなぎたがる心
第9章 「意図探知機」と化す人々―こうして動機すらでっち上げられる
第10章 脳の気まぐれ「比例バイアス」―真実がときに不人気となるわけ
第11章 心はいつも「結果ありき」―「確証バイアス」で歪められる証拠

 類似資料