このページのリンク

<図書>
「ガッコウ カラ シゴト エ」ノ ヘンヨウ ト ワカモノ タチ : コジンカ・アイデンティティ・コミュニティ
「学校から仕事へ」の変容と若者たち : 個人化・アイデンティティ・コミュニティ / 乾彰夫著
(Aoki教育library)

データ種別 図書
出版者 東京 : 青木書店
出版年 2010.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 366.021||I59 1000429129


越谷_教職課程03
1000451855

書誌詳細を非表示

出版年 2010.4
大きさ 286p : 挿図 ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:「学校から仕事へ」の変容と若者たち : 個人化・アイデンティティ・コミュニティ
異なりアクセスタイトル:学校から仕事への変容と若者たち : 個人化アイデンティティコミュニティ
本文言語 日本語
著者標目  乾, 彰夫(1950-) <イヌイ, アキオ>
分 類 NDC8:367.6
NDC9:367.68
件 名 BSH:青少年
ISBN 9784250210051
NCID BB01724721
書誌ID B000449442
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
不安定化を増す時代それでも“つながり”を頼りに自らのアイデンティティを紡ぎ出す。新自由主義・グローバル化の中で、若者の移行過程が変容した「後期近代」。先行するヨーロッパの議論を踏まえ、5年にわたる聞き取りや、アンケート調査から、日本の若者たちの今を描く。

[目次]
第1部 「戦後日本型青年期」の形成とその解体・再編(戦後日本における“学校から仕事へ”の移行過程―その今日的意味)
第2部 ヨーロッパにおける移行過程の変容とその性格(後期近代と個人化
自己再帰性と行為主体
アイデンティティと共同性・コミュニティ ほか)
第3部 日本の若者たちの移行過程変容(二つの移行過程調査
量的調査での移行のパターン
質的調査での移行過程概要 ほか)

 類似資料