このページのリンク

<図書>
ニュウジ ケンキュウ ト セイジン ノ セイシン ブンセキ : キョウコウチク サレツズケル ソウゴ コウリュウ ノ リロン
乳児研究と成人の精神分析 : 共構築され続ける相互交流の理論 / ベアトリス・ビービー, フランク・M.ラックマン [著]

データ種別 図書
出版者 東京 : 誠信書房
出版年 2008.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 146.1||B31 1000404625

書誌詳細を非表示

出版年 2008.10
大きさ xix, 291p ; 22cm
別書名 原タイトル:Infant research and adult treatment : co-constructing interactions
一般注記 引用文献: p[235]-263
監訳: 富樫公一
本文言語 日本語
著者標目  Beebe, Beatrice
 Lachmann, Frank M.
 富樫, 公一 <トガシ, コウイチ>
分 類 NDC8:146.1
NDC9:146.1
件 名 BSH:精神分析
BSH:乳児
BSH:親子関係
ISBN 9784414414332
NCID BA87935461
書誌ID B000414966
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
乳児発達の研究と成人の精神分析は、たがいに関係しながらも別々の歴史を歩んできた。乳児研究からビービー、成人精神分析からラックマン、二人の第一人者の共同研究により、めざましい発展を遂げる乳児研究の成果を成人の精神分析臨床で直接利用することが可能になった。特に本書は、精神分析が十分概念化できなかった相互交流プロセスを明らかにする。乳児研究、精神分析、発達心理学、神経心理学をはじめとするさまざまな領域の研究者に必読の書。

[目次]
第1章 バートン、当時と今
第2章 二者関係のシステム的観点
第3章 自己調制の相互交流的再オーガナイゼーション―カレンの事例
第4章 早期の能力と前象徴的表象
第5章 早期の相互交流調制パターンと自己表象と対象表象の前象徴的起源
第6章 内的プロセスと関係的プロセスの共構築―乳児研究と成人の治療における自己調制と相互交流調制
第7章 乳児期における表象と内在化―主要点の三原理
第8章 患者‐分析家相互交流のオーガナイゼーションにおける主要点の三原理―クララの事例
第9章 成人治療のための心の相互交流モデル

 類似資料