このページのリンク

<図書>
ラジオ ノ センソウ セキニン
ラジオの戦争責任 / 坂本慎一著
(PHP新書 ; 508)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2008.3

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 699.8||Sa32 1000394937


湘南図書館(3F一般書架) 699.8||Sa32 2211069579

書誌詳細を非表示

出版年 2008.3
大きさ 259p ; 18cm
一般注記 おもな参考文献: p254-259
本文言語 日本語
著者標目  坂本, 慎一(1971-) <サカモト, シンイチ>
分 類 NDC8:699.8
NDC9:699.8
件 名 BSH:放送 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
BSH:ラジオ受信機
NDLSH:報道と政治
NDLSH:太平洋戦争(1941~1945)
NDLSH:玉音放送(1945)
ISBN 9784569697758
NCID BA84886654
書誌ID B000407075
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
なぜ当時の国民は太平洋戦争を支持したのか?この根本的な疑問に答えるために、本書では、戦前戦中のラジオ放送にかかわった五人の人物を取り上げる。労働=修行の思想を説いた高嶋米峰と、それを引き継いだ友松圓諦、受信機の普及に情熱を燃やした松下幸之助、「大東亜共栄圏」を広めた松岡洋右、玉音放送の真の仕掛け人・下村宏。これまで見過ごされていた「声の文化」の歴史的影響力を真正面から検証する。昭和天皇の「終戦の御聖断」の内幕も新資料から明らかに。当時世界最強のマスメディアの功罪。

[目次]
序章 世界最強のマスメディア・日本のラジオ
第1章 「超絶」の演説家高嶋米峰
第2章 時代の寵児友松圓諦
第3章 熱意の商人松下幸之助
第4章 希代のラジオ扇動家松岡洋右
第5章 玉音放送の仕掛け人下村宏
終章 昭和初期ラジオの功と罪

 類似資料