このページのリンク

<図書>
ニホン デントウ オンガク ノ ケンキュウ : ガッポン
日本伝統音楽の研究 : 合本 / 小泉文夫著

データ種別 図書
出版者 東京 : 音楽之友社
出版年 2009.6

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 762.1||Ko38 1000411317


越谷_音楽研03 762.1||Ko38 1000578073

書誌詳細を非表示

出版年 2009.6
大きさ 545p ; 27cm
別書名 異なりアクセスタイトル:合本日本伝統音楽の研究
内容注記 1: 民謡研究の方法と音階の基本構造
2: リズム / 小島美子, 小柴はるみ編
一般注記 資料: p521-527, 542-545
本文言語 日本語
著者標目  小泉, 文夫(1927-1983) <コイズミ, フミオ>
 小島, 美子(1929-) <コジマ, トミコ>
 小柴, はるみ <コシバ, ハルミ>
分 類 NDC8:762.1
NDC9:762.1
件 名 BSH:音楽 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784276133129
NCID BA90112388
書誌ID B000425029
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「体験としての音楽」という視点から、私たちの足もとの文化を見つめなおした…画期的研究、待望の復刊。復刊にあたり、『日本傳統音楽の研究(1)民謡研究の方法と音階の基本構造』と『日本伝統音楽の研究(2)リズム』を合本とし、解題(金城厚)を付した。

[目次]
第1章 方法論の序説(対象の範囲
認識のし方(メルスマンの美学に対する批判)
体験としての音楽
民族性と音楽)
第2章 民謡の研究方法(欧米における民謡研究の概観
日本における研究
民謡の概念
民謡の実態―一般的性格
研究対象としての民謡
唄の採集
補助的記録
採譜についての問題
採譜の実際と記譜法の試み
比較観察の意味
比較観察の方法
分類
2つの様式
共同社会の歴史的変遷)
第3章 比較音楽的方法による―音階の研究(旋律中の音程関係
わらべ唄と民謡の終止音
核音
核音の比較音楽的意味
核音による旋律構造の種類
基本的4度構造
基本的4度構造のつづき
4度構造の比較音楽的意身
テトラコルドの分類
テトラコルドの積み重ね)
第4章 音階についての諸問題(5音音階と7音音階(日本の雅楽における五声と七声)
全音的(無半音の)5音音階
半音的5音音階
中国の民謡とその音階
朝鮮の民謡とその音階
インドネシアの音階に関数r覚え書き)

 類似資料