このページのリンク

<図書>
ナガイ カフウ ジュンレキ
永井荷風巡歴 / 菅野昭正著
(岩波現代文庫 ; 文芸 ; 143)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2009.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1文庫) 910.268||N14ka||文庫 1000411398

書誌詳細を非表示

出版年 2009.4
大きさ v, 357, 7p ; 15cm
一般注記 岩波書店(1996.9)刊の岩波現代文庫版
本文言語 日本語
著者標目  菅野, 昭正(1930-) <カンノ, アキマサ>
分 類 NDC9:910.268
件 名 FREE:永井, 荷風(1879-1959)
ISBN 9784006021436
NCID BA89732374
書誌ID B000425162
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
永井荷風は辛辣な批評性を懐に江戸戯作者の姿勢に身をやつし、遊里、遊興の巷を舞台にして女性たちの生きかたの変転を描いた。本書は初期作品から『つゆのあとさき』『〓(ぼく)東綺譚』まで主として小説作品を取り上げ、その確固とした近代性の質を自在に論じて作品の奥底に隠された生成の秘密を照らしだし、現代に生きる荷風文学の魅力を明らかにする。

[目次]
深川へ行きて唄え
大正八年七月朔の回想
“始まり”の終り
小説の発見
エミール・ゾラの方へ
E.Zola−X=?
ゾラを離れて
抒情する旅行者
恋する旅行者
歓楽と恐怖のあいだで
ふらんすに賭ける
荷風氏、東へ帰る
新帰朝者の模索
冷笑の思想
今と昔の変幻
花柳小説の誕生
新橋の内と外
笑劇の哀愁
「雨瀟瀟」と「わたし」
『断腸亭日乗』事始め
『つゆのあとさき』まで
自然主義の精製
夢の住む場所
吾事に非ず/吾事なり
大厦の覆るとき

 類似資料