このページのリンク

<図書>
キイテ ヴァイオリン ノ ウタ
聞いて、ヴァイオリンの詩 / 千住真理子著
(文春文庫 ; [せ-9-1])

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2009.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 762.1||Se66||文庫 1000418513

書誌詳細を非表示

出版年 2009.7
大きさ 247p, 図版 [2] p : 挿図, 肖像 ; 16cm
別書名 異なりアクセスタイトル:聞いてヴァイオリンの詩
一般注記 時事通信社 (2000年11月刊) の文春文庫化
著者ほかの肖像あり
叢書番号はブックジャケットによる
千住真理子ディスコグラフィー: 巻末
本文言語 日本語
著者標目  千住, 真理子(1962-) <センジュ, マリコ>
分 類 NDC8:762.1
NDC9:762.1
件 名 BSH:千住/真理子
ISBN 9784167753948
NCID BA90782187
書誌ID B000439200
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
12歳でプロとしてデビューしたヴァイオリニスト、千住真理子。無心に演奏を楽しんでいた幸福な少女時代から、壁にぶつかりヴァイオリンを置いた大学時代を経て、世界を舞台に活動を再開するまで。音楽への想い、忘れられない人たち、演奏旅行でのトラブル、家族の絆を、ヴァイオリンをペンに持ち替えて綴った素顔のエッセイ集。

[目次]
1 ヴァイオリニスト誕生
2 天才たちの伝説
3 演奏旅行スケッチ
4 家族の肖像
5 忘れ得ぬ人
6 演奏者
父の「ちちんぷいぷい」―あとがきにかえて
デュランティーとの出会い―文庫のためのあとがき

 類似資料