このページのリンク

<図書>
カナシミ ノ テツガク : ニホン セイシンシ ノ ミナモト オ サグル
「かなしみ」の哲学 : 日本精神史の源をさぐる / 竹内整一著
(NHKブックス ; 1147)

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本放送出版協会
出版年 2009.12

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 121.04||Ta67 1000430143

書誌詳細を非表示

出版年 2009.12
大きさ 237p ; 19cm
別書名 異なりアクセスタイトル:かなしみの哲学 : 日本精神史の源をさぐる
一般注記 引用・参考文献: p229-233
本文言語 日本語
著者標目  竹内, 整一(1946-) <タケウチ, セイイチ>
分 類 NDC8:121.04
NDC9:121.04
件 名 BSH:日本思想
BSH:悲しみ
ISBN 9784140911471
NCID BB00551774
書誌ID B000449831
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
わたしたちは古代から今にいたるまで、「かなしみ」を主題にした歌や物語に慣れ親しんできた。本来厭うべきであるはずのこの感情を積極的に享受し表現してきた日本人の態度から、どのような世界観を引き出すことができるのか。かなしむ「われ」(自分)の中に、日本的美意識や倫理感覚が生まれる瞬間を見定め、かぎりある人間とかぎりのない世界との関係の本質に迫る、日本思想研究の精髄を注ぎ込んだ力作。

[目次]
第1章 「かなしみ」という問いの原点
第2章 「かなしみ」の力
第3章 「かなし」という言葉の歴史
第4章 他者に向かう「かなしみ」
第5章 神・仏と「かなしみ」
第6章 「われ」という「かなしみ」
第7章 別れの「かなしみ」
第8章 「かなしみ」の表現
第9章 有限性/無限性の感情としての「かなしみ」

 類似資料