このページのリンク

<図書>
ジンコウ カゾク セイメイ ト シャカイ セイサク : ニホン ノ ケイケン
人口・家族・生命と社会政策 : 日本の経験 / 杉田菜穂著

データ種別 図書
出版者 京都 : 法律文化社
出版年 2010.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 334.31||Su46 1000435687

書誌詳細を非表示

出版年 2010.7
大きさ iii, 288p : 挿図 ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:人口家族生命と社会政策 : 日本の経験
一般注記 引用・参考文献: p265-276
関連年表: p281-283
本文言語 日本語
著者標目  *杉田, 菜穂(1980-) <スギタ, ナホ>
分 類 NDC8:334.31
NDC9:334.31
件 名 BSH:日本 -- 人口  全ての件名で検索
BSH:社会政策
ISBN 9784589032645
NCID BB02645358
書誌ID B000455948
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[目次]
第1部 人口論と社会政策(少子化問題と社会政策―ミュルダールと高田保馬
人口問題と社会政策論―米田庄太郎と海野幸徳
“社会学”系社会政策論の展開―戸田貞三の所説を中心に)
第2部 人口問題と児童政策(人口問題と児童政策―1920年代の状況を中心に
児童権論の展開と社会政策―1933年児童虐待防止法を見据えて
戦前における感化事業の到達点―少年教護法をめぐって)
第3部 人口問題と社会政策(社会事業学から厚生学の提唱へ―続・海野幸徳論
人口政策論の水脈を求めて―永井亨の人と思想
永井亨と新生活運動
出生政策と家族政策)

 類似資料